2005年8月 5日 (金)

灼熱の渋谷

サマースクールの講義をする為昼頃渋谷へ。

あ・づ・い!灼熱だよ。熱風吹いてるよ。
絶対体温より気温高いよ。
地面が土でビルにツタやら朝顔やらゴーヤやらのつるでも絡まってたら幾らか涼しいだろうにとか…渋谷警察の壁にゴーヤが沢山食べ頃~…なーんてナチュラルな雰囲気の渋谷の街を思い浮かべて見るも・・・あ・づ・い!(O.O;)

今朝の我が家の居間も暑かった。湿度が半端じゃない。
33.8度、湿度70%。
暑くても湿度が低ければねー40%台だったらそんなに暑く感じないんだけどな。昨日今日と湿度高すぎ!

明日もサマースクールで昼頃灼熱の渋谷へ…。
学校に着けば涼しいのよ。エビアンもあるし。アイスもあるし。あ、飲みかけのスパークリングクリスタルカイザーを学校の冷蔵庫に置いてきた。明日行って飲もう。

2005年7月21日 (木)

もう7月も末だよ

6月後半から腰痛で死んでました。まだ完治してません。

ハバネロ育ててます。

ミニトマトの苗貰いました。

mixi囲碁部デビューの大会は3勝1敗でした。

小学校は夏休みになってしまいました。

あのおやぢのおかげでまた差し替えだってさ(メ-_-)凸。


…とりいそぎ今月はこんな感じです。

2005年6月10日 (金)

久々の神宮球場

もう先週の話になってしまいますが、去る6月4日土曜日、久々の神宮に行って参りました\(^o^)/。しかも古田デー。週末の神宮でのデーゲームなんて珍しいので結構混んでました。ファンクラブ会員限定の交流戦ピンバッチはスゴイ行列だったので諦めたけど、入場の時に古田下敷きは貰えました。一番上の写真のです。一緒に写ってるのはお土産に買った「神宮球場の土」。赤い。実際に使った物だそうな。下敷きの裏面が2番目の写真。「神宮で決めれなくてゴメンなさい」てのがかわいい。「ら」抜きだけど許すぞ<古田。 3番目は試合前の古田2000本安打セレモニー。いろんなテレビ局とかから「金一封」が…。一個幾らくらい入ってるんだろう(^_^;)。名球会のブレザーも貰ってました。
レフトスタンドなんて2回目くらいかなあ。神宮には数え切れないほど通ってたのに。なんか新鮮でした。

4番目はレフト側からセンター方向の様子。ビール売りのお兄ちゃんが…。黒ラベルは450円で一番安かった。エビスは700円だけど女の子のユニフォームがかわいいので結構人気あったみたい。他のビールは500円。でも今日は一杯だけでやめときました。5番目は7回の攻撃開始前にジェット風船の準備をするイーグルスファンの皆さん。赤いのと黄色いのがセットになって売店で売ってました。きょんはやりたそうだったけど、たとえレフトスタンドでも神宮でジェット風船は飛ばさない!これ私のポリシーなのでうちの子にはやらせません。 最後は9回裏1点入って傘を振るライトスタンド。あ~いいなああっち行きたいなあ。でも今日はこっちにいるから、古田デーだけどさ。飯田の応援歌がヤクルト時代の曲で嬉しかったよ。飯田けっこう似合うね楽天のユニフォーム。

試合は楽天が勝って、ちょっと胸が痛むけど子供も喜んでるし、岩隈も勝ったし雨にも降られなかったしまあ良かったです。交流戦楽しいです。来年も続けて欲しいな。そうそうオールスターのファン投票してきた。もうそんな季節なんだねえ。

2005年6月 8日 (水)

宝の持ち腐れ

Faber-Castellの水彩色鉛筆100色セット。
ずいぶん前に買ったんですが、ほとんど使ってない。
今カラー原稿はデジタルしか描かなくなっちゃったし・・・。
まあいわゆる「持ってるだけで満足」しちゃったってやつですね。

久しぶりに出して使ってみました。
学校の授業でカラーイラストをやらなきゃならないので
アナログの感覚を取り戻しておかないといかんのですよ。

今まで使ったこと無かったコピックも少々購入して使ってみました。
案外難しいね<コピック。
結構にじむし、水ではぼかせないし、発色はたいへんよろしい。
確かにコピーのトナーが溶けることはないけど
耐水性インクを溶かされてしまいました(T.T)。
大丈夫なインクもあるんだろうけど、まいったねこりゃ。

2005年5月26日 (木)

女性専用車両に乗った。

始めて乗った。
電車来てたから手近なドアからぽんと乗ったら、女性専用車両だったんだけどね。

臭っ!臭いよ。すげー香水臭い!!
つらかった。
くしゃみ出て来ちゃった。

学校行って学生達に「今日始めて女性専用車両にのったんだけどさあー」と言ったら
口々に「臭い」「臭いですよね」と返ってきた。
やっぱたまたまじゃなかったのね。
みんなそう思ってたのね。

学生達は若いから痴漢除けのメリットもあるけど、オバサンには関係ないし、かえってデメリットが大きい。
これからは避けて乗ろうっと。

痴漢冤罪除けに男性専用車両もあった方がと言う意見もありますが
男性専用車両はまた別の臭さがあるんだろうなあ。
おやぢ臭いのかなあ。

うちのきょんが言うには、男性専用車両では
おやぢギャグが炸裂するので、夏は涼しくクーラーがいらないけど
冬は暖房かけても寒いとか。

女性専用車両って結構言いにくくない?

女性専用車両女性専用車両女性専用車両・・・・
シャア少佐シャア少佐シャア少佐・・・・

そうそうそう言えば・・?
明日ランプシートとコピックciaoが届くのさ(^^)。

2005年5月25日 (水)

買っちゃった

昨日は楽天がポイント2倍だったのよ。
らんぷシートとコピックciao12色。買いました。
来週届くかな。
あときょんが楽天イーグルスの帽子が欲しいというので購入。
いつまでも騙して親の趣味のYS帽ばかり被っていてもくれないということです。

そうそうネット上の囲碁部で今大会に出場中。9路盤で一番下の入門クラスですが、めちゃくちゃ楽しいです(#^.^#)。
きょん以外の人間と打つのは始めて。それもいっぺんに4人もとです。
ここんとこいっぱいいっぱいだったので、ゲームもやる暇なかったし、きょんとも打ってなかったんですが、やっぱおもしろいや。

2005年5月21日 (土)

らんぷシート買おうかな

結構今いっぱいいっぱいです(^_^;)。
頑張って働いてる自分にご褒美買おうかな。
コピックの12色セットも買っちゃおうかな。

2005年5月10日 (火)

母の日


母の日の前日、小僧が「おかあさん好きな物なに?」というので「ハバネロ」と答えたら、母の日のプレゼントに暴君ハバネロを買ってくれました。

母の日当日。小僧は一人で自分のこづかいが全部入った財布を持って、近所のドラッグストアでお買い得価格で売っているハバネロを買ってきて、折り紙でやっこさんとお花のカード(カーネーションを折ろうとして失敗したらしい(^_^;))を作ってくれました。小僧も大きくなったモノです。

そう言えば旦那さんがネットで頼んで置いてくれたのは「ハバネロ栽培キット」だった。ハバネロづくしの今年の母の日です。

旅行2

写真は小室山公園での物です。つつじソフトクリームというのを売ってました。ピンク色のソフトクリームで、さっぱり味で美味しかったです。
2枚目は「つつじのトンネル」つつじの木がとっても大きく育っていて、下をくぐれてしまうんです。上はこぼれんばかりのピンクの花でした。
3枚目は屋台。「ばそ焼」売ってました。「ばそ焼」。ほんとは焼きそばだけどね。「ばそ焼」って何だろうって一瞬思った(^_^;)。

非国民を送ってから渋滞に巻き込まれ、道路沿いの「ダイソー」で一休み。近くに小さな釣り堀があったので、子供とコロッケ屋の義兄はしばし釣りを楽しみ、私と姉はダイソーでお買い物。
その後渋滞が途切れたので、また伊豆高原まで足を延ばして日帰り温泉に行ってみました。思ったより広くなくて、露天風呂が石段を上がったところにもう一つあるのは面白かったけど、何しろ混んでて脱衣所と洗い場が困ったもんでした。
この日の晩は宿で食事を頼んでなかったので、隣のホテルにパンを買いにいって、あつあつ焼きたてパンとチーズとジャムと伊豆高原ビール。宿の居間でナイターを見ながらまったり過ごしました。
最終日は朝の散歩を兼ねて隣のホテルのレストランに朝ご飯を食べに行ってからチェックアウトして、一碧湖でボートに乗ったり魚にえさやったり、一碧湖美術館の2階にあるカフェでノンビリお茶してから「ぼちぼち帰るかー」って感じで帰ってきました。

2泊は久しぶりでしたが、ノンビリ出来ていいですね。

2005年5月 9日 (月)

旅行1


3日から2泊3日で伊豆に言ってきました。
伊東で電車を降りてレンタカーでまずは城ヶ崎へ。
遊覧船乗り場のそばに、こんな建物が・・・・
「坂東いるか」そんな名前の漫画家さんがいます(^_^;)。
よくよく見ると「坂東、いるか」です。
点があるよ点が。それにここってトイレじゃん。
「坂東、いるか」の謎は解けぬまま城ヶ崎をあとにしました。

伊豆高原でそばを食べて、生わさびを摺るのに疲れたので宿のある一碧湖へ。
伊豆の瞳と呼ばれる一碧湖。ひょうたん型の小さい方は沼地になっていて、そのほとりに今回の宿がありました。コンドミニアムタイプの3LDK。団地みたいに幾つか建物が点在していて、お風呂もフロントも別の棟になってます。台所もあって自炊も可。連泊するお客も多いそうです。2泊目からはかなり安いし。周りの環境は最高。とてもいい景色で朝の散歩をしないと損だという気にさせます。
泊まった宿とは別に隣にいい感じのホテルがあります。カシニョールをいっぱい所蔵してる美術館もあって、みんなが売店で夜食やお土産を買っているうちに一人で見てきました。ミュージアムショップでネックレスに一目惚れして買ってしまった。

2日目は小室山公園と言うところでつつじ祭をやっているというので見に行きました。見事なつつじです。
祭ということで屋台も出てたし、野点やってるし、名物も売ってるし、人も多くて山の上に上がるリフトは長蛇の列。祭中は子供タダだっていうし、混むのも無理はない。行列は苦手なので山頂は諦めて、5月4日の「国民の休日」にナイター仕事がある非国民の旦那を伊東の駅まで送っていきました。「行ってらっしゃい非国民」と見送ってもう一泊遊ぶ妻と子でありました。

より以前の記事一覧

メダロット

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

遠近法の本

  • かげつ: 【なぞって上達!マンガ背景・パース】
    良い本です。なにしろ作例がきれい。著者はアニメの背景美術をなさっている方だそうです。消失点が近いために歪んだ絵が多いのは説明しやすくするために仕方ないところ。(人ごとではないのでわかります(T^T)。)魚眼やわざと歪ませるなどレベルの高い話も出てます。ただ冒頭の「2次元の絵が3次元になる」というところは構成上無理のある絵を描かざるを得なかったようで、ここはシンプルな絵で行かないとつらかったですね。箱なら成り立つんだけど箱にはしたくなかったんでしょう。残念なので星4つ。 (★★★★)
  • 椎名見早子: 【パース塾3 構図編】
    新刊です。宣伝をかねて星5ヶで(^_^;)。 (★★★★★)
  • 林晃(ゴー・オフィス): 【スーパーパースデッサン】
    キャラ絵の背景を描こうというアプローチの仕方が面白いです。厚いですがこれ一冊だけで済むと言う本ではないと思うので、もう一冊増殖の描き方がちゃんと載ってる本はあった方がいいと思います。載ってはいますが裏技が本則のように思えてしまう書き方なのが不安なので。漫画を描きたい若者には取っつきやすいと思いますが、作例のチェックが甘いようで、添削したくなる物もあるので要注意です。 (★★★)
  • 中山繁信: 【勝手にパース検定】
    建築パース系の本なのですが、パースクイズといった趣で、5級から1級までの問題があって、めくると解説と答えが出ているという構成の本です。ゲーム感覚でパースの勉強になる「やられたな!」と思わせてくれる楽しい本です。学生たちにこの本の問題を出してみようと思います。 (★★★★★)
  • 鶴岡考夫: 【スーパーデッサン人物パース編】
    いい本です。面白いです。さすがです。 なるほどこうやって教えればわかりやすいよなあ、と思えるところが沢山あって、教え方の点でも大変勉強になりました。 ルーミスがいいのはもっともだけど、人物がらみは国産ならこれがお勧め。 (★★★★★)
  • 椎名見早子: 【パース塾2】
    「パース塾」の続編です。前の本で書けなかった、引き戸やドア、影などのことが載ってます。今度は室内編といってもいいかも。 (★★★★★)
  • A・ルーミス: 【初めてのイラスト教室】
    あの「やさしい人物画」のルーミス様のパースの本!と言っても過言ではないくらい、遠近法の事にページが割かれています。さすがにいい本です。特に影の所が私はお気に入り。 (★★★★★)
  • ケーズアート: 【パースの描き方】
    …ごめんなさい。この本を作った方々は一生懸命作ったんだと思います。でも…あまりお勧めできません。 あまり言い切り型の文章は危険だということは学べましたが…。 (★)
  • 小林七郎: 【アニメーション美術】
    「パース塾」で最初の方に定型のものにパースが発生すると書いちゃってますが、実は不定形でもあります。ごめんなさい(^_^;)。あの段階ではそういった方が理解しやすかろうと言うことで…。 影を描こうと思うと不定形でもパースが必要。定型物に置き換えて考えると良いわけよ。その辺が分りやすい本だと思います。 (★★★★)
  • 菅野博士: 【快描教室】
    「コミッカーズ」の連載を集めた本です。図版は2色で分りやすいし、対談形式なのも読み物として面白いと思います。 パースに関連した事もそこここに登場します。マンガ描きさんにとって取っ付きやすいと思います。 (★★★★)
  • アニメ6人の会: 【アニメーションの本】
    動く絵を描く為にパースは必要。パースがつくから動きのタイミングがこうなる?アニメでのパースはこんなところに生きているのね。直接パースについて書かれているのはほんの少しですが、アニメ畑の人でなくても分りやすい本です。 (★★★★)
  • 黒田正巳: 【空間を描く遠近法】
    技法書ではありません。前半は絵画の歴史を遠近法視点で見て行きながら、遠近法の理解を深めて行ける展開で、中盤以降は幾何学や視覚的な観点から遠近法が語られます。決して易しい本ではないけれど図版も多くて盛りだくさんで、日本の絵の遠近法の事も書いてあるし、私は好きです。かなり高価ですがこれだけの内容なら納得です。 (★★★★★)
  • 辻茂: 【遠近法の発見】
    小さい本でびっくりしました。でも内容は濃いです。濃すぎて正直言って理解するのに努力を要します。絵画の遠近法理論の本と言ったらいいのでしょうか。先人たちの理論を時間軸にそって紹介しています。 高価で難しいですが、理論を知りたい向きには有意義な本だと思います。「天使の遠近法」というちょっと素敵なネーミングの理論も興味深いです。 (★★★)
  • P・メッツガー: 【初めて学ぶ遠近法】
    こんないい本があるのを最近まで知らなかったなんて申し訳なさでいっぱいです。でも知っていたら「パース塾」は出来なかったかもしれないので、知らなくてよかったかも(^_^;)? まさに絵描きの為の遠近法の本です。絵描きのパースはこれでいいんだと思います。初心者向きです。 (★★★★★)
  • 山城義彦+山城デザインスタジオ: 【現代パースの基本と実際】
    建築パースの本ですが、私がアマチュア時代に書店でいろいろ見て一番分りやすかったのがこれでした。末永く側に置いておきたい一冊です。資料としても価値ありです。 (★★★★★)
  • A・ルーミス: 【やさしい人物画】
    言わずと知れた、絵を描く人の為の定番ですね。持っていて絶対損はありません。人物のパースについても分りやすく描かれています。ジョンとメアリーをお忘れなく。 (★★★★★)
  • 湖川友謙: 【アニメーション作画法】
    アニメの技法書ですが、分りやすくパースを説明しています。「空間パース」の項目などはかなり感覚的なのですが、それだけに絵を描く人には役立つのではと思います。 (★★★★)
  • D・チェルシー: 【パース!マンガで分る遠近法】
    良い本です。「パース塾」を理解できたら次はこれをオススメします。 視錐や視心についてもわかりやすく書かれているので、感覚的でなく図法として正確に描く方法を知りたいと言う人にも答えられる本だと思います。 ただ翻訳本ゆえの難解さがあるのが残念です。 (★★★★★)
  • 椎名見早子: 【パース塾】
    手前味噌ですが、初心者向けでは今現在一番分りやすいと自負しております。 この本に書かれている事が実践できれば、とりあえずマンガの背景を描くには困らないかと思います。チェルシー氏の「パース!」を読む前に読んでおくと良いと思いますよ。 ページの都合上と、当初「街並を描く」事に特化した企画だったので、窓や一点透視の二支点のこととか学校では教えてるけど載せてない事も多々あります。その辺は次作で…と言う事で。 あと言い訳をさせてもらうと(^_^;)、カバー絵のパースラインがずれているのは、うちのと編集部のとIllustratorのバージョンが違ったせいなんです(;_;)。 (★★★★★)
無料ブログはココログ

ウェブページ